てんぽ: 萌えぺぐえんく

CSSやHTML、FC2ブログのカスタマイズ、共有テンプレートなど

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

萌えぺぐえんく

2006年08月31日(木)

萌えぺぐえんく 「アニメ専用」というから、シーンごとのフレームレートや周期の違い(たとえば『涼宮ハルヒの憂鬱』のOPは基本的に30fpsだけど、第3話以降は作画修正が入ったため24fpsの箇所がある)を自動判定してくれたりするのかなとちょっと期待したけれど、 単にアニオタ用の廉価版のようです(アニメ用にプリセットされた画質向上フィルターが用意されている)。たしかに「入門ソフト」と書いてある。

動画のエンコードは奥が深い。 たとえば、アニメや映画は本来24fpsで作られているがTVキャプチャすると30fpsインターレースになっているから、 キャプチャしたアニメは24fpsプログレッシブにエンコードして再生時3:2プルダウンのフラグをつけるといいらしいとか。 しかしシーンによってフレームレートが変わったり、人物と背景でフレームレートが違ったりすることもあるから注意が必要らしいとか。(よくわからない。)

結局、そういうのを完璧にやっても市販のDVDビデオには敵わないのだから、画質にこだわるなら素直にDVDを買ったほうが早いと思えてくる(高いけど)。 で、DVDを買うほどの出来でもないけれど録画保存はしておきたいという作品の場合には、「簡単な作業でそれなりの画質」で満足しておくほうがいい。 完璧を目指すと30分のアニメのエンコードに数時間かかる(2~3時間では済まない)。

『萌えぺぐえんく』は「簡単な作業でそれなりの画質」でいい人のためのソフトで、機能が制限されていてその分安いが、自分で細かく設定したい人には不向き。

関連商品。

#106
カテゴリ:未分類

同じカテゴリの記事

(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://mb.blog7.fc2.com/tb.php/106-9b6c7857

<<その ナレーションがなければ… | IEとwidthとブロック整形コンテキスト>>

Utilities

おすすめ

セオリー・オブ・スタイルシート (Quick Master of Web Technique)
「ボックスと視覚整形モデル」の詳細な解説が圧巻。→関連記事
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
正しい仕様の解説から実践的なレイアウトテクニックまで網羅。→関連記事
詳解HTML&XHTML&CSS辞典 第3版
信頼できる辞典型解説書の筆頭。

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。