てんぽ: ハチクロの花火

CSSやHTML、FC2ブログのカスタマイズ、共有テンプレートなど

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

ハチクロの花火

2006年10月01日(日)

アニメ『ハチミツとクローバー』の打ち揚げ花火のシーンは、花火が開いてから音がするまでに時間差がある。 実際の花火では当たり前の現象だが、アニメでこれを再現しているのを見たのはハチクロが初めて。

打ち揚げ花火の打ち上がる高さは小さいもので100m以上、大きなものでは600mほどらしい。 仮に100m打ち上がる花火を打ち揚げ地点から100m離れた場所から見た場合、花火との距離は140mになるので、音の遅延は約0.4秒。 人の脳は光と音のずれを補正しているらしいが、 打ち揚げ花火では補正が効かないレベルの時間差が生じることになる。

普通、アニメの花火のシーンでは花火の開くのと同時に音を鳴らしている。最近見た中では 『となグラ!』第11話、『つよきす』第8話、『N・H・Kにようこそ!』第9話がそうだった。 一方『ハチクロ』では第13話と第24話の花火シーンで明らかに音の遅延がある。

(追記)『あさっての方向。』第4話の花火でも明らかに音が遅れて鳴っていた。

#111
カテゴリ:未分類

同じカテゴリの記事

(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://mb.blog7.fc2.com/tb.php/111-7f4d5058

<<蟲師のDVDほしい | このエントリー>>

Utilities

おすすめ

セオリー・オブ・スタイルシート (Quick Master of Web Technique)
「ボックスと視覚整形モデル」の詳細な解説が圧巻。→関連記事
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
正しい仕様の解説から実践的なレイアウトテクニックまで網羅。→関連記事
詳解HTML&XHTML&CSS辞典 第3版
信頼できる辞典型解説書の筆頭。

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。