てんぽ: MacとWindowsのUIの違いについて思うこと

CSSやHTML、FC2ブログのカスタマイズ、共有テンプレートなど

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

MacとWindowsのUIの違いについて思うこと

2008年06月15日(日)

自分はWindowsを主に使っているけど、ここ2年くらいは一日2~3時間、週6日ほどMac(OS X)も使っている。 MacのユーザインターフェイスはWindowsのそれと比べて一貫性があり、よくできているとは思うけど 上部固定のメニューバーは使いにくい。

WindowsユーザがMacに初めて触れて戸惑うのはメニューバーの位置だと思う。 Windowsではウインドウごとにメニューバーがあるが、 Macでは画面上部に固定のメニューバーがあり、 アプリケーションを切り替えると上部メニューバーも切り替わる。

もうひとつが、ウインドウを閉じてもそのアプリ自体は終了しない点。 アプリを終了させるにはメニューバー(またはキーボード・ショートカット)から「終了」しなければならない。 じゃあ左上の「閉じるボタン」って何なの?

ある意味MacOS XはMDIに似ているかもしれない。 MDIではひとつのアプリケーションが自身のウインドウ内で複数のドキュメントを管理する。 メニューはドキュメントウインドウごとにあるのではなく、親ウインドウにひとつのメニューバーを持つ。 すべてのドキュメントを閉じてもアプリケーション自体は終了しない。

MacではMDIでいうところのドキュメントがアプリケーションに、アプリケーションがOS(デスクトップ)に相当する。 そう考えればMacのUIは一貫性のあるものに思えてくる。 FinderでさえDockの中で常に起動中のアプリケーションのひとつとして存在するのだから。 Exposeはドキュメントの切り替えをしにくいというMDIの難点に対する回答だろう。

しかしそうは言っても、メニューとそれが操作する対象(ウインドウ)と離れているのは、やっぱりわかりにくいし、 今どのアプリがアクティブかすぐに見失ってしまう(最前面のウインドウがアクティブとは限らないから)。 個人的にはDock+ExposeよりWindowsのタスクバーのほうが好みです。

#154
カテゴリ:未分類
タグ[ ユーザビリティ ]

(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://mb.blog7.fc2.com/tb.php/154-f2e861f6

<<デジタル放送の有料番組を録画するには | Macのメニューバーに対してフィッツの法則は正しいか>>

Utilities

おすすめ

セオリー・オブ・スタイルシート (Quick Master of Web Technique)
「ボックスと視覚整形モデル」の詳細な解説が圧巻。→関連記事
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
正しい仕様の解説から実践的なレイアウトテクニックまで網羅。→関連記事
詳解HTML&XHTML&CSS辞典 第3版
信頼できる辞典型解説書の筆頭。

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。