てんぽ: 2. Indexページ

CSSやHTML、FC2ブログのカスタマイズ、共有テンプレートなど

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

2. Indexページ

2005年06月08日(水)

この一覧性の高さ!どうです?

さて、[chameleon]解説第2回は「Indexページ」についてです。

サイトの性質にもよりますが、「Enterページは作るな」とよく言われてます。 Enterページとはカウンタや注意書き、イラストなどがあり、「Enter」というリンクから目次や本文のあるページにいけるようなページのことです。 Enterページが不要だというのは、常連さんにとって目的のコンテンツは最新の記事であり、それを見るためにいちいちEnterページを見せられ1クリックを要するのは好ましくないからです。

サイトの性質にもよりますが、と書きましたが、アダルトサイト(注意文が必要)やEnterページのイラストが頻繁に変わる(それ自体がコンテンツのひとつである)ようなサイトはともかく、 日々更新されることが前提のブログではEnterページは不要だと思います。 多くのブログが、まず最新の記事がありその横などにナビゲーションがあるようなスタイルをとるのは、最新記事をすぐさま読めるようにするためでしょう。

というわけで、[chameleon]では<!--index_area-->を使っていますが、それはEnterページ(表紙ページ)のためではなく、特定の内容をindex_areaでのみ表示させるためにです。 ではIndexページの構成を詳細に見ていきます。

最近のコメント

ブログを始める前はこれが一番不要だと感じていました(ブログにコメントを書き込まないタイプの閲覧者にとっては邪魔なだけ)。でも実は、管理人と(コメントをした)閲覧者の双方にとってそれなりに便利なのです。 管理人は記事にコメントがつくとすぐにわかり、コメントの投稿者も管理人からのレスにすぐに気づくことができます。

この利点を生かすなら「最近のコメント」はすぐに見えるところにあるほうがよいはずです。つまりサイドバーの上のほうです。 そうはいっても「コメントがつくとすぐわかる」以外に価値を見出せないのでIndexモードでしか表示しません。

最近のトラックバック

閲覧者にとってはなくてもほとんど困りません(と思う)。最近のコメントのために2カラムにするなら、そのスペースにでもいれておけばいいという程度です。 Indexモードでしか表示しません。

リンク集

トラックバックと同程度の重要性(すなわちどうでもいい)だと思います。 ブックマーク代わりに使えるのと、「ファッションリンク」としても機能します。

「Links」を「おすすめエントリー」などに変えて、推薦記事へのリンクにすれば意外に便利かもしれません。Indexモードでしか表示しません。

プロフィール

ここには管理人の名前と画像、<%introduction2>の文字列が表示されます。不要です(こんなものいらないと思いませんか)。 が、管理画面から<%introduction2>を変更するのは簡単で、しかもタグも使えるので、簡単なお知らせ用などに使えます。 タグが使えるということは<%introduction2>をp要素でマークアップするのは向いていません。 [chameleon]ではブロック要素を包含可能なdd要素としてあります(管理人の名前はdt要素、画像はdl要素のbackground-image)。 Indexモードでしか表示しません。

カレンダー

日付ごとのリンクをまとめたものがカレンダーです。しかしある特定の日の記事を見ようとすることは稀です。 カレンダーの存在価値は「更新頻度がひと目でわかる」程度でしょう。カレンダーは場所をとる上にレイアウトが崩れるもとなので使用していません。 一応HTMLソースには存在しますが、コメントアウトしてあります。表示させたとしてもIndexモードでしか表示しません。ソースからも消しました。 プラグイン用にCSSは用意されています。

月別/カテゴリ別アーカイブ

サイドバーではなく、メインカラムの一番下にあります。本文を読んでいってその終わりにナビゲーションがあるほうが便利だと考えたからです。 上のほうにあるタブでdateモード(月別アーカイブ)とcategoryモードを切り替えられるからというのも理由のひとつです。

#20
カテゴリ:共有テンプレート
タグ[ 共有テンプレート ]

同じカテゴリの記事

(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://mb.blog7.fc2.com/tb.php/20-60fc0fce

<<1. タブであること | 3. 個別記事>>

Utilities

おすすめ

セオリー・オブ・スタイルシート (Quick Master of Web Technique)
「ボックスと視覚整形モデル」の詳細な解説が圧巻。→関連記事
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
正しい仕様の解説から実践的なレイアウトテクニックまで網羅。→関連記事
詳解HTML&XHTML&CSS辞典 第3版
信頼できる辞典型解説書の筆頭。

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。