てんぽ: モードを可視にする

CSSやHTML、FC2ブログのカスタマイズ、共有テンプレートなど

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

モードを可視にする

2006年03月28日(火)

というわけで(?)、久々にテンプレを変えてみたわけですが。開発コードネームはchameleon_miniとかSPとかLiteとかです。 chameleonのマイナーチェンジ版で、HTMLがよりシンプルになりました(個人的にかなり重要)。 今回はFC2ブログのプラグインやGoogleアドセンスをサイドバーに貼りやすいように意識しました。これもそのうち共有に登録する予定です。

chameleonのコンセプトは「モードを可視にする」ことです。その方法がタブメニューとモードごとに色の変わるサイドバーです。 なので、サイドバーは一番下まで続いて、常にその色が見えていなければなりません。(それを具体的にどうやってやるかはそのうち書くと思いますが、フロートとマージン辺の関係を理解していればできます。)

「モードがある」とは同じものが状態によって機能を変えることをいいます。 たとえば、携帯電話の数字の書かれたボタンは電話番号の入力に使いますが、メールモード時には文字を選ぶのに使います。 一般に、モードが多いとユーザビリティが低下します。現在のモードが何であるかわかりにくい(モードが「可視」でない)場合はなおさらです。

FC2ブログのページ表示にもモードがあります。 すなわち、トップページ(index)、個別記事(permanent)、月別(date)、カテゴリ別(category)、検索(search)、コメント編集(edit)、全記事表示(titlelist)です(もうひとつあるけど)。

chameleonではモードごとにサイドバーの内容を変えていますが、これはモードを増やしていることになります。 サイドバーに常に同じものが同じ位置に表示されるのであれば、サイドバーについてはモードはなくなるのです。 サイドバーに常に同じものを表示したせいでサイドバーが相当長くなったとしも、どこに何があるのか一度覚えてしまえば目的のものを選ぶのは一瞬です(人間はそういう能力に長けているそうです)。

では何故モードを増やしてまでサイドバーの内容を変えているか。 「一度覚えてしまえば」というのがネックだからです。 個人のブログのサイドバーの内容なんていちいち覚えていられない、 覚えてしまうとすればその人はそのブログの常連であり、常連にとって重要なのは最新の記事であって過去の記事へのナビゲーション等ではない、 それならばあるモードにおいて最も見せたいものを表示し、サイドバーにモードが増えた分、せめて現在のモードをわかりやすくするために色を変える、というわけです。

ブログの表示モードに対して、「モードを可視にする」というアプローチのほかに、「モードを完全に無くす」というのもいつかやってみたいです。

#85
カテゴリ:未分類

同じカテゴリの記事

(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://mb.blog7.fc2.com/tb.php/85-8be2a0ea

<<へんな習慣 | 萌え系テンプレートってあるじゃないですか>>

Utilities

おすすめ

セオリー・オブ・スタイルシート (Quick Master of Web Technique)
「ボックスと視覚整形モデル」の詳細な解説が圧巻。→関連記事
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
正しい仕様の解説から実践的なレイアウトテクニックまで網羅。→関連記事
詳解HTML&XHTML&CSS辞典 第3版
信頼できる辞典型解説書の筆頭。

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。